憎めないほど愛おしいイタリアの犬とアリタリア

さきほど会社からの帰り道に、 老犬だからか、寒いからなのか、 まったく散歩が楽しくなさそうな犬がいた。 「スン・・」と電柱のにおいを一瞬かいで 興奮することもなく 無表情でただ前を見つめていた。 その出会いから500mほど歩くと 今度は道路工事の誘導係のおんちゃんが ヘルメットつけたまま、誰もいない隅っこで…