読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんたい子のイタリア狂想曲

イタリアを狂おしく想うめんたい子が、旅やグルメ、カルチャーなどイタリー情報をお届け。

歯周トラブルを悩ますヌテッラの驚くべき効用

ここ数日、勝手に妄想が過ぎて、 心臓がバクバク、バクバク高鳴り、 勝手に疲労困憊するという日々を 過ごさせていただいた。 妄想癖は本当にやっかいだ。 以前は、 ミラノで長友と偶然出会ったところから、 結婚にいたるまで長い年月をかけて 妄想を構築し…

深夜便の悲劇を乗り越えたイタリア人の驚異のリカバリー能力

今日イタリアへ帰るイタリア人がいて、 オンラインチェックインを手伝っていた。 ログインすると、 なぜかフライトがキャンセルになっていた。 遅延なのか欠航なのか、 はたまたローマの空港がまたストライキとか なんとかで問題がおきているのか、 直前すぎ…

イタリアのイケメンを知り尽くすめんたい子が絶賛するキング・オブ・イケメン

日本だとイマドキのイケメンとなると 誰になるのだろうか? ここ数年で、ハッとさせられたのは、 ディーンフジオカかな。 坂口健太郎も日本らしいイケメンだなと思う。 清潔感あるきれい目イケメンが 日本では人気な気がする。 めんたい子は、 オダギリジョ…

世にも奇妙な3人のイタリア人 ~File2:孤高のミュージシャン~

めんたい子と名乗らせていただいているのだから たまには明太子を食べようと思い、 今日の晩御飯は久しぶりに スーパーで明太子を買って、 ほっかほかの炊き立てごはんにのっけて食べた。 が、そんなにうまくなかった。 すごく落ち込んだ。 さて、そんな落ち…

虚弱めんたい子、世界最強のイタリアの風邪薬と出会う ~Mentaiko meets the new world~

めんたい子は、日本人として 標準的なレベルで 宇多田ヒカルが好きだ。 めんたい子の青春時代を色どった 小室哲哉に「負けた」とまで言わせた 宇多田ヒカルが好きだ。 でも最近、宇多田ヒカルの曲を聴いていると どうしてもイタリア人夫の影がちらついてしま…

イタリア愛の伝道師がこれだけは伝えたいたったひとつの注意事項

今日は17時ごろにすこぶるお腹が空いた。 仕事に注ぐべき集中力が、 お腹を鳴らさないための気力に使われてしまったので、 めんたい子は夜食を買いに行くことにした。 ちょうど先輩と後輩も夜食が食べたいということで、 みんなの分を代表して、 財布をわき…

めんたい子、イタリアの神と出会う。

めんたい子は、現在、 光り輝く東京の街で とある情報誌の編集者をしている。 たらこパスタの衝撃(たらこパスタ食べたら人生変わった - めんたい子のイタリア狂想曲) から、早数十年。 さらなるたらこパスタの高みを求めて 大都会へやってきた。 緊張、不…

イタリアの電車は遅れない。でも電車に乗ってからが勝負だ。

日本人は、無意識のうちにイタリアが好きだ。 街中では、いたるところで イタリア語を目にすることができる。 例えば 雑誌の「Domani」(明日)、「Oggi」(今日)、 アパート名でよくある「カーサ〇〇〇」「ヴィッラ〇〇」など。 アルファベットのことを「…

世にも奇妙な3人のイタリア人 ~File1:ボローニャの白ブタさん~

0か100か、がイタリア人ならば 日本人は1~99を美徳とする民族であろう。 不完全の美、この良さがわかるのは日本人だけではないか。 何を言わずとも心を汲み取り、 つつましく、謙虚に、和をもって貴しとなす。 イタリア偏愛者であるめんたい子も 日…

憎めないほど愛おしいイタリアの犬とアリタリア

さきほど会社からの帰り道に、 老犬だからか、寒いからなのか、 まったく散歩が楽しくなさそうな犬がいた。 「スン・・」と電柱のにおいを一瞬かいで 興奮することもなく 無表情でただ前を見つめていた。 その出会いから500mほど歩くと 今度は道路工事の…

たらこパスタ食べたら人生変わった

それは、めんたい子8歳の冬だった。 祖母のお見舞いで通っていた病院の食堂。 末期ガンの祖母を見舞った家族は、 重く、深い、トンネルの中に放り込まれ、 絶望の淵に立たされていた。 当時小学生だっためんたい子には 弱い姿を見せまいと、気丈に振る舞うめ…